★オンライン・オフライン併催【京都ホンマモン計画 with CO&CO~vol.51】『第1部・人工知能スタートアップでやらかした話(現在進行形) ~最近のAIについても少々~/第2部・わくわくするベンチャーのつくりかた。』

【日時】
2022年7月15日(金)18時30分~20時30分

【会費】
1,000円
【開催場所】
・オンライン及びオフライン開催

※オフラインでのご参加は下記が会場になります。
CO & CO Kyoto
https://coandco.jp/lounge/kyoto/
〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670番地
京都フクトクビル2F

【主催】
京都ホンマモン計画

【共催】
京都ベンチャー研究会

講演内容


第一部.
『人工知能スタートアップでやらかした話(現在進行形) ~最近のAIについても少々~』

講演者: 佐藤 聡 (さとう あきら) 氏氏
■プロフィール
connectome.design株式会社・代表取締役社長
1964年(昭和39年)生まれ。横浜生まれ逗子育ち。幼少の頃より体育会系の理系。東京理科大学工学部機械工学科卒。
ロボット工学系研究室でニューラルネットに触れる。趣味の楽器演奏とAIを組み合わせた仕事があると思い電子楽器メーカに就職。
その後仲間とソフトウエア会社を起業し20年弱、広範囲なソフトウエア作りに携わる。2011年に知人と一緒にAIベンチャー創業。
途中から代表取締役を務める。2017年に設立された一般社団法人日本ディープラーニング協会の創業理事。
会社代表だった2018年に退任・退職し、現職であるconnectome.design株式会社を創業し代表取締役社長就任。
2019年にユアサ商事株式会社と資本業務提携。
孫あり。名実ともにジジイとなる。

■講演内容:
2011年に始めたAIベンチャーは最初は全く相手にされませんでしたが、紆余曲折しながらもAIブームの盛り上がりと共に急激に成長してきました。
その過程で、スタートアップに起きるあらゆること(スタートアップあるある)が起きたのではないかと思います。
それらの体験を共有出来れば幸いです。

第二部.
『わくわくするベンチャーのつくりかた。』

講演者: 小間 裕康氏
■プロフィール
Koma enterprise Limited・Director/クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズ株式会社・代表パートナー/フォロフライ株式会社・代表取締役
1977年8月3日生。
大学時代にピアニストとして活動し、国内外の電機メーカーのBPO事業を展開するコマエン タープライズを設立。その後、GLMを設立し、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の量産を開始。GLMを香港証券取引所に上場するO LUXE HLDとのグローバルM&Aを行い、Executive Directorに就任。その後、プリンシパル・インベストメントを行うKoma enterprise limited を設立するとともに、クオンタムリープ・キャピタルパートナーズを共同設立し、ベンチャー 投資ファンド事業を開始。2021年にはファブレスEVベンチャーのフォロフライ株式会社を設 立し大手物流企業へのEVトラック導入を開始する。

■講演内容:
最初に立ち上げたEVベンチャーであるGLMの立ち上げから、EVスポーツカーTommy kaira ZZ の開発と販売開始までの紆余曲折。そして、香港版SPAC上場により1500億円を超える時価総額にしたのちExit した舞台裏。さらに四年の活動休止後に立ち上げたファブレスEVベンチャーfolofly による新しい取り組みをお話します。